智頭急行について

日本一自由で、面白い、鉄道会社。

智頭線の運営会社は智頭急行株式会社。略して智頭急(ちづきゅう)といいます。

第3セクター会社である智頭急の運営する智頭線。普段は登校する高校生や車のない地域の方の暮らしを南北に支える足として使われてます。

また鉄道好きな観光客にはローカル鉄道で移動する楽しさで村々をつなぐ、横糸のような役目も果しています。また関西や岡山から、鳥取方面に向けて走るJR特急もこの智頭線の線路を共有で使っている、そんな鉄道会社です。

私たちがこの智頭急という会社のすごいとおもったこと。それは、何度か打ち合わせしてるうちに気づきました。

それは、まったくNOと言われないこと。

何を言っても、です。とにかく実現する道がないか、一緒に探ってくれます。路線の多くが単線、しかもJR特急のいくつも通過する合間に、細かく臨時列車のダイヤを引き、今回のグルメ列車のタイムテーブルを作り上げてくれました。

 

打ち合わせの後には、関係のない社員の皆さんまでが「お疲れさまでした~」と声が上がります。

一緒に仕事しててもまったくのストレス・フリー。早い、楽しい、質がいい、です。

ちなみに、このあたりの感じは沿線の自治体と通じるものを感じる。たとえば、西粟倉村役場や佐用町役場、彼らもすごい。自治体の方の仕事のスピードのおかげで『チーズエクスプレス』の準備は順調に進んでいきました。最高じゃないですか、智頭沿線は自治体も!この話はまた後ほど。​​

 

 

それで私たちは尊敬の念を込めて、智頭急のことをこう呼んでます。

「日本で、一番自由で、面白い鉄道会社は、智頭急だ!」

こんな「智頭急」とはじめる『チーズエクスプレス』。準備も楽しいエクスプレス。

東急が、渋谷を懐かしさと新しさの入り混じったおもしろい街にしたように、

小田急が、箱根を家族で楽しめる温泉地にしたように、

わたしたちは「智頭急」で、皆さんと大きな森を楽しくつなぎたいとおもいます。

 

皆様、新しいイベント列車、ぜひ楽しんでいってください!

チーズエクスプレス冬列車
チーズと三県の食材のグルメコース料理!11月はカニ、カニ、カニ特集!どうぞお楽しみに智頭線までぜひお越しください!
冬列車はカニ列車
駅弁!チーズ稲荷弁当
チーズ線のチーズ駅弁!いよいよ完成!
駅弁!大撫山雲海丼
大撫山雲海丼を11月限定で駅弁で販売します。毎週日曜日、普通列車に食べにきてね。
アイリッシュフットサル
“アイルランドラグビー”から生まれた、4名1チームで楽しむ新しい屋内スポーツ!10月に都内で体験会も!!
Show More

チーズエクスプレス事務局

岡山県英田郡西粟倉村影石1442 一般社団法人チーズ観光協会内

© 2018 Cheese Tourism Assoc, all right reserved.

  • White Instagram Icon