「パルメジャーノ・ニシアワクラーノ」

はじめて使った牛乳にしては、おいしくできた。

ナッツの香りがして旨味のとても強いチーズが完成。さらに、あと半年熟成させれば完璧です。でもその前に食べちゃいますけど。チーズは発酵バターにブラックペッパーを使ったパスタにあわせました。ここからさらに地域の特徴をレシピに組み込んでオリジナルチーズにしていきます。

実は智頭線はすばらしいローカル線です。チーズ線なんて名前の鉄道は日本唯一。たぶん世界でも「チーズ・ライン」なんてほかにありません。酪農地帯を通るため、沿線の岡山県は西日本で最もチーズ工房が多い県ですし、鳥取には白バラ牛乳もある。

このチーズは西粟倉駅用のプロトタイプですが、いま智頭線の駅にちなんだ食材をつかったローカルチーズを開発してます。お客様は智頭線の駅で世界で一つだけのチーズを食べれるようになります。レシピのアイデアはだいたい固まりました。どうぞ楽しみにしてて下さい!

リピーターの方も含めていつもご乗車いただきありがとうございます。7,8月の夏列車の予約席は今週末から募集開始します。応援のほどよろしくお願いします!

https://www.cheese-express.info/

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

チーズエクスプレス事務局

© 2020 Cheese Tourism Assoc, all right reserved.

  • White Instagram Icon