アイリッシュラグビーって全くラグビーとは別の、大人気プロスポーツがあるのをご存じですか?

September 17, 2019

アイリッシュラグビーってアイルランドのラグビーという意味ですが、いわゆるラグビーとは全く違う大人気プロスポーツがアイルランドにあるってご存じですか?

 

◆アイリッシュラグビー(別名ゲーリックフットボール)

①ラグビーと同じ1チーム15名で、

②サッカーゴールのようなゴールに蹴り入れたら(これもサッカーのように直接蹴れないルール)3ポイント、サッカーゴールの上のラグビーのポールのようなところにボールが入れば、1ポイントです。

③ラグビーといいながら、サッカーボールのように丸い、でもサッカーとは違う特別なボールを使って(バスケットのドリブルのようにバウンドさせないといけないから)、

④1試合60分で行う

⑤野外スポーツです。

 

まるで、サッカーとハンドボールとラグビーをあわせたような「アイリッシュラグビー」なんですが、これが実はアイルランドでは大人気で国技とされるスポーツで、もちろんプロリーグもあります。このアイリッシュラグビーがこのような独自の形になって発展した背景には、隣国イギリスとの長い長い戦いと支配への抵抗の歴史があります。

 

それはさておき、西粟倉村では「男女を問わすだれでも楽しめる屋内スポーツができないか」と考えた結果、このアイリッシュラグビー【別名ゲーリックフットボール】をもとにルールを改良して、新しく「アイリッシュフットサル(別名ゲーリックフットサル)」というスポーツを作りました。

 

◆西粟倉産アイリッシュフットサル(別名ゲーリックフットサル)

①1チーム4名で、

②バレーボールを使って、

③1試合10分(5分ハーフ)で行う

④体育館でできる屋内スポーツです。

 

細かく説明するのが難しいんですが、基本はアイリッシュラグビーにならって、サッカーとハンドボールとラグビーを合わせたようなスポーツです。すでに村内には、15名ほどが所属するチーム!もあって(笑)、毎週月曜日に体育館でゲームする盛り上がり。

おとなり美作市の学生との交流試合も行いながら、智頭線沿線で広がりつつあります。

今後はラグビーワールドカップの開催都市で、ゲーム体験会を開催していく予定です。

 

 

 

 

 

アイルランド列車では、ワールドカップラグビーを元湯で一緒に応援した翌日、29日の午前10時からこのスポーツのゲーム体験会を行います。ぜひご参加ください!

https://www.cheese-express.info/gaelicfutsal

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

カニのオモイデ

December 6, 2019

1/9
Please reload

最新記事